090823#189 「通し屋根」が良いです。
  090921#456 また扉つきと扉なしはどちらがよろしいのでしょうか?
           。。。理想は扉です。 一社を買うならば、お札を裸のまま3つに並べた方が良いです。短冊立てで。




【神棚について】

・3枚の神札を横に並べて祭ることができる三社造りの神棚が理想ですが、1枚の神札を祭る一社造りの神棚を三つ横に並べてお祭りするのでもよいのです。
・神棚は中の空間が大切です。扉のあるものを選び、いつも閉めておきましょう。

【神札について】

1.神棚に向かって右側は氏神札

家から近い神社の中で、好きな神社を自分で選びます。選ぶ基準は、神社の掃除の具合と清潔感です。誰でもわかる、見える基準で選ぶのが正しいのです。もし気の合う神社がわからない場合は、地域の一宮神社を祭ればよいです。

一つの神社を決めて祭るのが理想ですが、地域の好きな神社を二つぐらいまでは、重ねて祭ってもよいです。同じ地域なので、磁気の相殺は起こりません。

2.中央は、伊勢神宮の天照太御神(あまてらすおほみかみ)

伊勢神宮まで参拝に行ける人は、内宮の剣祓札(けんばらいふだ)を奥に、伊雑宮の剣祓札を手前に重ねるのが理想です。伊勢まで行けない場合は、地域の神社か一宮で神宮大麻札(じんぐうたいまふだ)を受けて中央に祭ります。

3、神棚に向かって左側は、遠方の自分が好きな神社札

できれば四つの白山神社(白山比盗_社、白山中居神社、平泉寺白山神社、長滝白山神社)のうち一つの御札を奥に、伊勢神宮外宮の剣祓札を手前に重ねて祭るのが理想です。

大きくて神棚の中に入らない御札は、左側の外に寝かせて置きます。箱に入ったものはフタを閉めたまま置きます。


*神札の交換の時期は、氏神の神札は12月の冬至から新年の節分前に、毎年更新するのがよいです。その他は、時期を関係なく1〜2年を目処に更新します。神札は消耗品です。新しいほどよいのです。

*大切なことは、一旦家に置いた神札を神社に返すことです。違う神社の古札入れに返しても大丈夫です。この時、家の霊的垢も神札と共に神様にお返しすることになります。最高の厄祓いとなります。

*寺札は、神札と磁気が異なります。神棚とは別の場所に置きましょう。

【神棚にお供えするもの】

*神棚にお供えするものは、榊と水が重要です。供えられた榊は神界では森となり、水は湖となります。感謝と共に、毎日榊の水を換え、新しい水を捧げる行為が大切です。

*神棚にロウソクは不要です。火災予防のために厳禁です。