前へ  HP  次へ  
裁くのは誰?   08-06-18 水 20:04:11 Weblog

質問 :
リ−マンさんにお聞きしたいのは、いろいろな間違いや過ちを私はこれまで生
きてきている間にたくさん犯かしてしまっています。
そんな私でも、神様は許してくれるのだろうかということです。
私の良心がいつも私を見ているように感じます。
返答 :
人間は、過ちや後悔すべき事をした経験があるものです。
現在進行形の方もいるでしょう。 その内容の深刻具合は
人それぞれです。
この読者が心配する、「神様は許してくれるのか?」・・・。
心の外に居る様な神が、許す、許さないを采配するのでは
ありません。
人間が神に許されるとは、悪事をしても、自分に悪い事が起
こらなければ、許された事に成るのでしょうか?
バチが当たれば、神が許さなかった事に成りますか?
本当の神は、許すも、許さ無いも有りません。
私達と共に、楽しむか悲しむか、するだけです。

あえて言えば、罪を犯せば自分の良心が許して呉れません。
霊的世界とは、想念が誇張する世界です。
現実界で肉体を持つ間は、悪事を働いても自分は悪くない、
相手にも非が有る・・・などなど、自分を誤魔化したり、罪を
忘れる事は出来ます。
しかし、肉体を無くした霊魂の状態では、そうはいきません。
自分でも忘れている罪の認識があれば、増幅されます。
そして、自戒自責の念が生じます。 自分で自分を裁く事が
始まります。 赦す、赦さ無いの鍵を握るのは、自分の良心
(=内在神)です。
自分が悪い事をしたと思うならば、それ以上の善行を、
見返りを期待せずに実践すれば良いのです。

神霊から観た、人間の罪に対する考えは、サッパリし過ぎて
誤解を生む程のものです。
言葉で説明すると、語弊が生じますが、カンナガラ(神と共に)
の見地から観ると正しいと私は思っています。
それは、「潔ぎ良ければ罪は無し」と、伝えて来ます。
罪を犯しても、それを認めて、その裁きが有るならば受けれ
ば良いのです。 裁きから逃げたい、罪を軽減させたいと思
う考えが有ると、神に許しを乞い不安に悩むという、みっとも
ない事をします。
自己の内面宇宙に預かる神と共に、この現実界を思いっ切り
生きれば良いのです。 自身に起こる事は、全て潔ぎ良く受
け入れて、良い事も悪い事も有り難く味合うのです。
そこに有るのは、ただただ現状への感謝の思いです。

自分が罪を犯すことは、内在神にも罪を犯させる事に成り
ます。 内在神は、萎むばかりです。
これは、とても申し訳ない事です。
現実界を同行してくれる、内在神を喜ばすのも、悲しませる
のも、自分次第です。 出来れば、内在神を喜ばす生き方を
するのが望ましいのです。

生かして頂いて ありがとう御座位ます


前へ  HP  次へ  

記事質問返答  記事全コメント  117 コメント   三ヶ所クリック