前へ  HP  次へ  
自分を静観すること   11-02-06 日 11:21:50 Weblog

脳には、左脳と右脳があります。脳=宇宙の縮図だと感じます。
宇宙は、1つなる存在が産み出す陰陽(+-、右回転、左回転、凹凸、イザナギ・ナミ、男女、・・・)から構成されるとも感じます。つまり、
左脳=見える宇宙=肉体=陰=女性
右脳=見えない宇宙=霊体=陽=男性
このような感じがします。
そして、左脳と右脳を繋ぐ接点∞である間脳(かんのう)が最重要なのです。
日本語の不思議により、間脳=感応であります。間脳(感応)を支配するのは、心です。心は、良心=内在神です。
医学的にも間脳(心の作用)が、自律神経とホルモン分泌を司るとされていますから、呼吸・食欲・性欲・運動・風貌・体型・・・つまり、人生を左右すると言えます。

ここで問題なのは、脳は微細な電気信号のカタマリだということです。余計な電気信号が外部から加わりますと、電気ショート(精神病)したり誤作動をするのです。
だからもし、自分のオリジナル磁気以外の余計な霊的磁気が肉体に憑(つ)きますと、確実に誤作動の原因と成ります。人生も健康も運命も悪く成る原因に成ります。
ここで、他人(違う宇宙)からの霊体磁気を憑けられる行為(ヒーリング・見えない色々な霊的伝授・・・)を受けますと、確実に自分のオリジナル磁気が狂います。そして脳内の霊的な電気ショートが発生し、人生が狂わされます。本当に自殺行為です。

これは、太陽電磁波が強い現在では、有料・無料も既に関係なく、物理的な電気信号として確実に霊的行為は悪影響を起こします。
太陽電磁波という絶対に逃れることが出来ない電子レンジに中で、不要な鉄(ここでは他人の霊的行為による磁気)を体に巻いているのと同じです。確実に肉体は悪影響にさらされます。
実際の宇宙でも、違う宇宙同士が接触しますと、大爆発が発生するそうです。今も接近していて爆発する可能性のある宇宙が確認されているようです。

脳による誘導を素直に受けるには、余計な磁気を自分に憑けている限りは正確では無いのです。
他人では無く自分自身を信じて、命が来た元である先祖霊と、その先に繋がる神様を意識することが大切です。
生きる限り全員が今も、自分の遺伝子を通じて先祖と神様に繋がって「いる」のです
正しく感謝の信号を自分から発信すれば、必ず遺伝子の霊線を通じて繋がっています。だから、安心して自分の心(良心)を信じて行けば大丈夫に成ります。
上記の右脳・左脳と、男女の性別の結び付けに関しては、今までの地球波動の下では聖人に男性が多かった理由でもあります。意識の最後の一線を超えるには、月の生理の影響を受ける女性の魂は男性に転生してから超える側面があったのです。
しかし、今後の人類は精神的な中性化(慈悲の心)が進むことでしょう。強い男性のような主婦が、ある日に覚醒(内在する神に目覚めること)するかも知れません。

生かして頂いて ありがとう御座位ます


前へ  HP  次へ  

記事質問返答  記事全コメント  606 コメント   三ヶ所クリック