6622


匿名
 open/391 15-06-29 月 19:22:51
こんな風にしながらも
毎日どこかで
何か不可思議で
何か幸運に招いてくれる
宗教、それ以外でも、活動は
活動させられていると気付かせられないように

活動させられているのね
不運か幸運か

それも現実
そぅだよね

見てたかないし
聞きたかないけど

それって
それはそれか
致し方なし
それがあって
そうでないのもある
ただそれだけのことかいね

真客 1
4時 open/392 15-06-29 月 24:22:44
「ひとのために生きる」 という表現があるけれど これはおかしい
これの言いたいところは 「自分のために生きる」ことの否定にあると思う
もし 無人島で家族が仲良く暮らしているとする
「自分のために生きる」という この普通の「考え」が湧くだろうか
考え 机上の空論 夢と現実というニュアンス
闘って勝つ のは悪いことではないが 我々人間の本題ではない と思う

匿名
3時 open/393 15-06-29 月 27:56:05
我がの生活に必死
自分生きるのにもたもた
の中に
いっぱい色々



匿名
8時 open/394 15-06-30 火 12:11:17
一覧の今日の記事タイトルの修正ヨロシク。
予兆→序章



匿名
19時 open/395 15-07-01 水 08:04:57
いい、一秒足されて
ゆとりとなるのかしら?



匿名
2日 open/396 15-07-03 金 21:44:17
自己決定の 権利

リスボン



真客 1
1日 open/397 15-07-05 日 08:38:18
この身体は私の物ではなく 遺伝子も変えられず そのうち死ぬ物だ
演劇の衣装、化粧、被り物 それ等は私ではない
「私」そのものがただの表現 耳と口の世界の。
で この演劇とは何か? なぜこの演劇に関わっているのか?
演劇のない世界がどうにもつまらない世界 ということなのか?
ところで どんな演劇なのだ?



匿名
20時 open/398 15-07-06 月 05:09:08
正夢

とは

何故正月の〜
夢を縁起担ぎにしたがるのか



匿名
51日 open/399 15-08-26 水 11:38:05
真客さま、毎日ありがとうございます。
タイトル一覧の修正をよろしく〜。

恐るべし神界の言葉(言霊)→恐るべし、神界の言葉(言霊)



ゆたか
11日 open/400 15-09-06 日 16:36:17
3本線香の供養において、榊を両脇に供えなさいとありますが、たえず手に入らなければ代用品、たとえば熊笹でもいいですか?

真客 1
3時 open/401 15-09-06 日 19:59:52
<http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou>の最新記事の下の方の
コメント(123) というのをクリックすると コメントと投稿欄が現れますので
そこで質問してください



真客 1
10日 open/402 15-09-16 水 23:21:34
@とかが直りました



真客 1
4日 open/403 15-09-20 日 25:21:50
〜とかも直りました



匿名
3日 open/404 15-09-24 木 09:13:08
真客さんへ
なぜか一覧に、下記がだぶっています〜〜。

150922a 記 質 全 これからが正念場
150923a 記 質 全 神話と転写 その1



ノリコ
20日 open/405 15-10-15 木 07:59:52
真客さんへ
こんにちは。お世話になっております。
ノリコ の 「弥勒の世」 に
すでに削除されいる記事の引用がありました。削除をお願いしますね。
http://www.shinkyaku.com/P/1023.html
「 2 今後の地球世界 現在進行中 」
 
◆リーマン  何とかなるさ〜 2008-09-19
色々な方面において、今後も懸念材料は消えませんが、1日中(9月18日)を通して霊的空気が清かった事が、全ての未来を現していると確信しました。そこには根源存在の意思が、存在しています。



匿名
30日 open/406 15-11-14 土 22:32:09
私はまた
時が来るのを待っているかの様に
時の過ぎるのをただ過ごしている様に思える



真客 1
1日 open/407 15-11-15 日 24:54:51
考えたことは表現に時間が掛かっても 言葉に出来る
逆に 人間の考えはその程度のことなのだ
2次元の創作は紙と鉛筆で出来るが
3次元の創作は試作を繰り返しても難しい
産まれる以前の人間の魂を言葉にすることは無理だろう
言葉にしてひとに分からせるのは無理だろう
だからまだ人類は暴力の歴史を続けている



真客 1
25日 open/408 15-12-10 木 26:24:55
「俺はアッラーを信じているぞ 俺は正しいぞ」 それを他人に認めさせようとする
これがウザイ人間だ アッラーを知っているのか 人格を見たのか
人間の間でのみ通用する神、人格 ただの仮定の上に人間が乗っている
神、人格を 人間の言葉による考えのレベルにまで落として議論している おかしい



匿名
61日 open/409 16-02-10 水 24:16:21
よろこび
よろこぶ
こころがよろこぶ
よろこびのあまり泣く
最近涙が出るのは悲しいからなのか嬉しいからなのか自分でわからなくなってしまいました
真客さまは最近涙したことはありますか?



真客 1
32日 open/410 16-03-13 日 25:04:40
小便で眼が醒める 夢の中で公園だろう、しゃべっていたのをこっちの世界で記憶する
身体が我慢してきたのもわかる うざいから我慢させとく
我慢を続けるよりも 起きて便所に行くという判断
布団の中に戻って 両方の状態 「夢の中でも言葉、考えはある 幽界か」
木があり 枝があり 枝分かれし 太陽の当たるところに葉がある
秋になると葉は死んで落ちる 葉の幽体は縮小して消えるのか
葉には高度な 霊体というものはないのか どう転んでも言揚げ出来ないことなのか
そう その葉の茎の根元、内側から覗いている 「夢より手前のもの」の瞬間的な自覚
木の幹から葉まで 11段階に次元が枝分かれしている ということか
幹のために葉がある 葉のために幹がある あぁ 次元を超えて一体ということか



真客 1
4日 open/411 16-03-18 金 11:37:24
答えはずっと眼の前にありました
他人がうまいものを食ってうらやましい これがなぜわかるのか ということ
想像と言えば想像なのかも知れない にしても わかっている
他者の喜びがわかり 他者の痛みがわかる
自分の身体の快にどれ程の価値があるのか 誰が良いものと決めたのか これは宗教だ
他人がうまいものを食う これを敵対する邪教と見なす宗教

武士道は敵を殺す 時には自分をも殺す 自他を分けない 不二一元



真客 1
8日 open/412 16-03-26 土 14:37:41
子供が鳩を見る 考えたくないことは考えない
考えたいように考える 「鳩は馬鹿だなぁ」 と
大人が子供を見る やはり 考えたくないことは考えない
考えたいように考える 「子供は馬鹿だなぁ」 と
「自己中」という言葉を聞いた 他人のことなど考えたくないのだ
言葉で尋ねれば「他人はどうでも良い」と言うだろう
勝手に教義を作ってそれを信じる 「俺は絶対正しい」 と
共産主義のために生きる 創価学会のために生きる 頭が楽だ
人間は産まれて来て 後付で言葉を覚える
その言葉を教えてくれた母親は どうでも良い他人なのか
飯を食わせてくれた父親は どうでも良い他人なのか
鳩は馬鹿だ 子供は馬鹿だ 俺より馬鹿だ
言葉による考え その時間、空間を越えた存在が 俺を馬鹿だと思っている



真客 1
2日 open/413 16-03-28 月 18:22:09
・・・簡単に言えば 考えて何かがわかる訳ではない 前進 生きるしかないのだ
おもしろいからやる 飽きたからやめる その向う側
イチローは飽きているはずだ 金も要らないはずだ 安打記録も保持している
それでもメジャーの150kmの硬球の前に立つ
「期待されているからやる」というのはまだ甘い それはまだ人格の世界だ
前進するしかないからやるのだ



真客 1
4日 open/414 16-04-02 土 08:01:35
言葉、考えは後付けのものであり その世界の外には出られない
世界平和
自分を見つめる
真客掲示板



匿名
19日 open/415 16-04-21 木 24:46:14
生きている中で、何が普通だと思いますか
という話で
死ぬことです
と、
生まれてきたら
死ぬ
とても単純だこと、と言う話
おくりびとのワンシーンで
普通の仕事をして
のセリフの中「
ふつうって何
的なメッセージがあったってことをあらためて話す人

そのあとに、一人一人を大切にする
と話す人

話かしり切れとんぼだから聞いていて
もったいないけと
かるようでわからない程度の余談だから
いいのかも、とも思う。
聞いてる人は聞いてる
聞き流してる人はピンときてない
そんなもんかもしれない



真客 1
12時 open/416 16-04-22 金 13:26:34
幼児が駄々をこねる 短い時間のことだ
サッカーがうまいと威張っている 短い時間のことだ
会社での出世争い 短い時間のことだ
一族の繁栄 短い時間のことだ
民族の繁栄 短い時間のことだ
人類の繁栄 短い時間のことだ
それでも 今日も普通に感情があり 理性があり 食って 寝て また起きる
幼児はぐずり ガキは威張り 大人は競争し 野球を見たり ・・・



匿名
11日 open/417 16-05-03 火 24:09:12
明け方前の身体中の痛みも
痛み止めを飲んで寝直せば

それも一瞬の短い時間

正座をしてお辞儀をして頭を起こせば
そのまま後ろにズトーンと頭が重力のままに倒れて
起き上がり拳の様にまた前にズドーンとお辞儀をして
振り子の様な重みに頭とはこんなにも重かったのかと

そんな事もほんの短い時間の事

今夜寝て、明日いつもの様に目が醒めるのか、
それとももしかしたら今夜で終わるかもしれない
そう思いながら寝る前に感謝の言葉をブツブツと
もっと短い時間の事

目覚めた朝か恐ろしくて空間の圧力に起きれない
生きてる事に動悸するのもほんの短い時間の事

短い時間を繋ぎ合わせて
思い通りにはならない毎日に向かって
未知の紬あわせをしているのかしてないのか
わからんうちに過ぎる1日も短い時間

ただ、こうして連ねていると、ずっと続いてる長い時間の中にある一部だと
思う一瞬



匿名
4日 open/418 16-05-08 日 10:52:17
何かを五感で感じると思っていたがそうではないらしい。
考えたり感じたりする自分のその背後にある、あえて言うなら本当の自分?
良心ともいうべきそれの意思で動くと、意外なことは起こっていない。
(何も起こっていないし、自分なんて一瞬の錯覚?)

良心に沿って動いてみると、期間限定の自分が感じたり考えるようになる。
生きてみないとわからない。
感謝してみないとわからない。
供養してみないとわからない。



匿名
2日 open/419 16-05-10 火 24:55:46
時間が戻っている気がしてもか



真客 1
12時 open/420 16-05-11 水 13:27:35
253徴兵検査で85%が精神疾患:2016/05/11(水) 13:18:03.41 ID:4yv+higm
天上天下 全体から考え直してみた
人種で区別しようとするから ちょっとズレる
共に生きていきたいと思う人達が居る 場所は日本で時は21世紀
朝鮮人のような奴と共に生きていきたいとは思わない
優れた人間なら外国人でも受け入れる 朝鮮人でも受け入れる
朝鮮人のような奴なら日本人でも一緒に生きるのは嫌だ
さて 表現する言葉は 朝鮮的 朝鮮チック チョウセン
チョウセンは出て行け!(国籍ではなく)

匿名
8時 open/421 16-05-11 水 22:27:32
チョウセン的な表現を指摘していただけたらありがたいのだが。

真客 1
3時 open/422 16-05-11 水 25:31:44
人間は人間としてしか生きることが出来ない
言葉で考え 言葉は人と人の間にある 他者と共に生きるのだ
親は息子が大事だ 娘がかわいい 一体となって生きる
恋人が大事 ペットが大事
ただ 共に生きたくない人達も居る
ヤクザとか北朝鮮とか創価とか赤軍とか 結束のために見せしめリンチ、殺人までやる
結束のために敵を作り 声高に悪く言う 捏造する
防衛しなければならない



匿名
10時 open/423 16-05-12 木 11:50:24
書かせてください。
不具合報告等掲示板とは何でしょうか?
自我に嫌気がさしていたけれど、そう、結局人間は人間の世界にしか生きられないですね。
一体となって生きる、良い表現ですね。久しぶりに聞いた気がします、ありがとうございます。
(自分はそうでない環境にいることに今気づく)



真客 1
1日 open/424 16-05-13 金 14:09:02
ボタン一つで他人の財産が奪えるとする まぁ 万引きみたいなことだけど。
善悪 自分の身体を指して自分とする場合は「チャンス」なのだろう ゲーム的に。
しかし 本音 「自分」は知っている全体であり 生前死後も含む 理解は出来ないが。
奪い合う世界が成立するのは見たくない 防衛 教育
13歳で手を繋いで通過電車は 周りがそういう共産主義的な大人ばかりだったのだろう
馬鹿が共産主義に走る 結束第一の攻撃的な集団の一員になる
(掲示板に投稿する権利があるとして工作を請け負うような会社もあるようだけれど
 「自分のサイトを持ちたいのですがどうしたら良いですか」でも良いし
 「記事なしでコメント欄だけのブログシステムを作ってください」でも良いし
 この俺、真客さんが進化を続けている 何をどうしたいかは一定していない)



真客 1
1日 open/425 16-05-14 土 25:01:51
「俺」と言って この言葉による考えが人生の舵取りをしているかと言ったら 違うだろう
こんな言葉による考えの次元が中心である訳がない
だいたいから毎日寝よるじゃないか
「自我」を信じる奴は頭がおかしい
この身体の人生の舵取りをしているのは もっと上の次元の 表現出来ない・・・



真客 1
5日 open/426 16-05-20 金 24:43:14
幼児が母親と音声通信をしようと思ったら
人格とか 時間とか 現実、物とか 自我 そういう概念を認めなくてはならない
宗教団体のように 認めれば それで信者(人間)に成れる
死んだ場合に 人間の幽霊にも成れる
頭のおかしい人間が 植物や動物の持たない「動機」を持ち 進化ではなく進歩をして来た
もうそろそろ進化か という話



匿名
10日 open/427 16-05-31 火 22:10:47
5月が
おわるね。

生きて泣いて
死んで泣いて
な歌詞

ふつーのことだけど
何度でも泣ける

懸命にやっても
最後の最後で納得がいかず
次に活かそうと思う
完全、完璧なんて
全然ない
完璧な円形はあるらしいけど
それが創造的だった話かなんだったか
真客さんが進化している

真客さんが書いている
真客さんが何人いるか知らないけれど
次々と進化してたら
それに気づかないで進化してる真客さんが
わからずにコメントするだろう

歌詞が
生きて笑い
死んで笑い
だったら、笑ってるだろうか
と、今思いつく。
他人事と思うから死んで泣いて、を、
死んでも泣けるの?なんて問うてしまう幼児

進化してる真客さんは

どこにいるでしょうか。世界マル秘発見伝



真客 1
16時 open/428 16-06-01 水 14:45:58
最近、考えているのはねぇ YouTubeに霊とかミステリーサークルとか。
物と心 この相対概念での心は 共産党でも舛添さんでも考える
人間の考えの内側 そこには立法とか司法とかがある
寝る時に考えは無になる 夢の中ではちょっと起きる
人間の考えの外 それは言語表現出来ない 言挙げしたものは人間の考えの内側のもの
レベルの低い霊能者の言うことは 当たったりはずれたり
考えの外にはいろんなものがある、いるのだろう
個人かどうかもわからない、人格かどうかもわからない、自分も先祖霊もいろいろな神も
そこに居るのだろう
行動しないと わからない 鳩も幼児も子供も行動する 中2は考えの中に埋没する
行動しないと 自分や先祖霊やいろいろな神からアクセスのしようがない



匿名
11日 open/429 16-06-12 日 20:04:53
やっぱり舛添さん
登場するんだ
そういうとこ、面白いね

うなされ昼寝の中で
こっちの言い分
あっちの言い分
間でぎうぎうで汗タラ〜リしてる自分
起きてる自分と同じ

寝ても板挾みか。みたいな。

そして起き上がりながら思ったのが
最近
べらぼうに
とか
もっぱら
とか
そんな表現する場面
あんまり見なくなったなぁと
自分の周りだけかもしれないけど

おもしろおかしい軽くテキトーな感覚で
言葉が飛んでる
それもいいけど
つまんないなぁと。



匿名
16時 open/430 16-06-13 月 13:04:38
高度、低度は誰が何が決めるのかな。
言葉を話せること、色々と思考することが高度なのか。
あれこれ言わないと伝わらない、挙句に伝わらないこともある言葉。
ことばを持たない葉っぱや木々。
究極なシンプル、何もないことが一番高度なのでは。
高度か低度かは所詮人間が決めている、ちいぽけなことだ。



匿名 86
1日 open/431 16-06-14 火 21:14:56
高度、程度を、誰かが決めるんだ と
一番高度なことは何か と
なるほど



匿名
68日 open/432 16-08-21 日 23:25:20
竹の子と
出てから
泣かなくなったか試しにもう一度観る
わらべ歌
天女の歌
やはり泣ける



匿名
34日 open/433 16-09-24 土 23:41:20
自分の事を嫌いだとは
思ってない、と、勘違いしているか
気付こうともしないで被せてしまってる場合も
あるのかもしれない、と思った
嫌いではないが、変な顔だとは認識している人

どうしてか子守唄代わりに聞き続け
寝る前に口角がゆるくあがる時間が好きで聴き続ける毎晩

思い出せなのは 君だけ
思い出したいのは 君だけ
ぼやけた優しい光

初めてこみ上げて思い浮かぶ

内在神

新種の虫たちが 鳴いてる
真似できないリズム

人徳のある緒方、子ども達の記事を思い出す

内在神はぼやけた光を帯びながら撮り続けているのか
どうなのか、過去にそんな記事があったか、知らない

初めて、
変な顔という自分=自分を認めてない心の奥底の気持ち
そういうものなのか



匿名
62日 open/434 16-11-26 土 22:07:43
寝る前に
ポォーっとリラックさして
人物動画の歌を聴き
いつからか両目で二重に見ていることに気づく
乱視か老視か
片目では1人に見える
日常生活では、随分と焦点を合わすのに
目を酷使しているのか
脳を酷使しているのか

眠りそうになりながら見る二重動画では
焦点が合ってないのか
焦点がストレートなのか
アホな疑問が浮かぶが、このポォーと感は脳が休まる



匿名
47日 open/435 17-01-13 金 13:54:27
カラスがこちらに背を向けて
ヨチヨチ歩いた。
怖かったものがスキにかわる瞬間。
好き・嫌いを言うのはアホみたい。
スキは簡単にキライになるし
キライは簡単にスキに変わるから。



おにやんま老婦
24日 open/436 17-02-06 月 14:30:36
質問、女性。リーマンさんお世話になります。私ご先祖供養歴約10年間、千葉県在住の老主婦です。
昨年2月に、約11年間自宅で飼っていた犬トイプードル12歳オスを飼い主の不注意でごはんの固まりを食べさせ、窒息死しました。動物供養をし、ペット霊園に入れ先日1年後の命日にお墓参りに行って参りました。この犬は成仏しておりますでしょうか?



真客 1
23時 open/437 17-02-07 火 14:26:42
goo の blog <http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou>
へ行って 最新の記事の タイトルか 日付か コメント(123)をクリックすると
コメント欄が現れますよ



匿名
82日 open/438 17-04-30 日 22:40:09
つい一昨日、朝の爽やかな通勤途中
この風景も、みな幻なのかーと急に思う
過ぎてきた、出来事も出逢った人達もみな幻だったのかー
そうすれば、今出逢っている人も、今こんな歩いてる道も
靴を見ても、これも幻
幻を見ていると思うと、全て白々としてくるようで
でも幻なのかと思っていたら、煉瓦造りのレンガ一つ一つが吸い上げられて
バラバラとレンガが宙に舞い上がり、何もなくなる
幻の中なのかと思いながら、いつもの会社に着いて
いつものようにおはようございまーすと
言いながら 、これまで過ぎたあらゆる事の幻と、これからの幻か、と。
こなこと退勤後の帰り道、思い出すのをかき消そうとすると
周りも、自分も幻で白い靄の中に消えて行くような気がしてならなかった。
こんなつまらんこと、書いてはならん、書いてはならん
と、眠りについてもまだその事で頭が占領されてたら伊勢白山道のコメント
欄にいっとっただろう。
でも、眠ってしまい書かずに済んだ。
そうして、やっぱりおさまらず、コピー蘭に
きてしもた。



真客 1
11時 open/439 17-05-01 月 10:25:14
考えとは 言葉による考えだ
母親から言葉をおそわる 名詞 「おかあさんは・・・」 「○ちゃんは・・・」
幼児は自分というものに気付く 母親という心 自分の心
これを並列に並べて 心 人格という概念を獲得する
母親の口は一つで 自分の口も一つ これが個人だと 勝手に決める
母親信仰の中で 母親が見ていてくれれば安心する よその人と1対1になったら不安
共産主義が正しいと決めるのは勝手 共産主義者の団体の中で安心する
共産主義が正しいかどうかなんて誰も考えない その団体の中では正しいに決まっているから。
キリスト教が正しいと決めるのは勝手 キリスト教の団体の中で安心する
キリスト教が正しいかどうかなんて誰も考えない その団体の中では正しいに決まっているから。
母親と居れば安心 の状態から 小学校へ通うようになる 母親に飽きる
公園へ行く ノープラン 何でも勝手に決める 自分達で決める 誰に従うのかも勝手に決める
俺は霊能者じゃないから 自分以外の心を捉えたことがない
自分の心がどんなものか どんな構造か 何人ぐらいの霊が関係しているのか
どこまで広がっているのか まぁ 別次元の話だが
お釈迦様も マザーテレサも 自分一人が存する とか言っている 恐らくそういうことなのだろう



匿名
28日 open/440 17-05-29 月 20:34:49
神棚の水を替える
感謝の心捧げる
お線香を立て
感謝の心を捧げる、途中から
眠気がさして一瞬止まって
コトバがスロースローでまた
眠りかける。
心の中で捧げると、どこまでいったか
忘れてしまう

これでは眠りのこごろうのようで
余計に心配をかけているのでは

そう思いながらも止められない
先祖供養

仏壇の前で、手を合わせたまま
亡くなられたおばーちゃんの話を
聞いたことがあり、感想、
とてもお幸せな、と。

しかし、手を合わせて眠って遅刻しては
ご先祖様その他諸々の霊の方々に
叱られるかも、心配をかけるかも、

どうして途中から、猛烈な眠気がやってくるのか
ご先祖様やその他諸々の霊の方々には
聞けないし、教えても、貰えない。
それどころか、申し訳ない。

短冊はしっかりした厚みのあるものが
良いというのは、分かった。

正月に代えても、数ヶ月で後ろにしなってしまう。
同じ短冊立てでやっていたから分かった事。

今わからない事も、時間と共に分かるというのが
続けてこそ、ほんのミジンだけ、何となくだけ分かる。

この期間を早送りしてあの時から今までを見ても、
気に留めていなからったら、
しなりの変化など
気付かず見逃すだろう

でも、猛烈な眠気は、まだ分からない。
また同じだけの年月が経てば、分かるか?

名前

  HP  全コメント  画像UP